当社が提供するホームページの目的は「契約に繋げる」ことです。
ですから「システム構成の説明」は不要なのかも知れませんが、
「世界最高峰の水準」で構成しておりますので、
少し自慢させて頂きます(^o^)!
 
「サーバー」
 アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のデーターセンターを利用
 
 当社の設備は、書籍通販の「アマゾン」と同じ環境のシステムです。
 アマゾン・ウェブ・サービスのデーターセンターは
 現在、世界190ヶ国の100万以上もの「企業」が採用しています。
(その中の1社が当社なのだ・・・)
 
 ホームページを収納するコンピューター「サーバー」は、
 北バージニア、オレゴン、北カリフォルニア、サンパウロ、フランクフルト
 アイルランド、東京、シンガポール、シドニーに点在し、
 当社は勿論「東京」のデーターセンターを利用しています。
 
 (なお、データーセンターは、災害時に備え、
  世界に点在しているデーターセンター相互補完していますので
  データーの消滅事故は絶対にありません。
  ——————————————–
  システム構成(2015年11月16日現在)
  OS: Amazon Linux AMI release 2015.09
  Web: Nginx 1.8.0
  PHP: PHP 5.6.14
  MySQL: Percona 5.6.26
  ——————————————–
 
「ホームページ」
 世界標準となっている「wordpress」を採用
 テーマと呼ばれるホームページのデザインは、
 米国デザイン会社とライセンス契約を結び、100種類以上のデザインの中から
 会計事務やコンサルタントに最適と思われる「3テーマ」を採用しています。
 
うん?
安い理由を書いていないって?
少し長くなりますので、右をクリックして下さい =>

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のシステムは、
世界最高級の設備を提供していますが
実は・・・・「安い」のです。

他業者にはアマゾンより安いサーバーも存在しますが、
アマゾン(AWS)は「信頼性とレスポンス(反応)」は世界最高級なので、
費用対効果が非常に高いのです。

皆さんも「重たいホームページ」を経験したことありますよね~
「あれ?重たい」と思った途端に、
別サイトに移動することはよくある話です。

ですから、レスポンス(反応)を最優先事項と考え、
相応なアマゾン(AWS)を採用してます。
(アマゾン(AWSは安いと言っても・・・、まあ、そこそこのお値段ですが・・・)

それから、安価で提供出来る「もう一つの理由」は、
「営業経費をかけない」からです。
「面談地域」を限定させて頂いてます。

私は「動画マーケティング」の専門家でもあります。
それ故、全ての説明、解説、フォローは「動画」で行います。

前述しました通り、マニュアルは全て動画(画面キャプチャー)ですから、
「戸惑う」ことはありません。
そして、販売・マーケティング要素も「動画」で解説します。

また、何かご質問などを頂いた場合も、説明が難解な箇所は「動画」で解説します。
(YouTubeの視聴者限定を使います)

ですから、面談などで発生する「営業経費」を押さるから、
安価で提供することが可能なのです。