他社は…..「まずは、会いましょう!」これって危なくないか??

一見親切な感じがあり、何となく相談してみようかな~と思うが、
ここに「営業の罠がある」と思う
 
正直、私もこのスタイルで営業しようと思った時期もある。
だって、親切で温かい感じがあるじゃん。
でも、私は後でもめるのも嫌だから止めた。
 
そもそも、「判断基準」や「比較が出来ない状態」で業者と会ったら、
その後、どうなるか分かるでしょう~
正直「断りにくい」し、いや「断ることが出来ない」と思うよ。
だって、自分に基準が無い訳だから「断る理由」が作れない。
 
「まずは相談下さい」
債務返済の法律事務所のは理解できるけど、
ホームページ相談の場合「どうよ?」
 
ケースを引き合いにして意見をしたけど、
私が言いたいことは、
 
 
「あなたのホームページ制作の目的は何ですか?」
 
 
と言うことです。
 
安いのが良いなら、安い業者を選べば良い。
 
 
通販なら通販を得意とする業者を選べば良い。
 
 
イメージが大切ならば、デザイン優先の業者を選べば良い。
 
 
世の中に星の数ほどホームページ制作会社があるけど
不思議なことに「業界に特化した制作会社」を見たことがない。
 
何故だか分かりますか?
 
答えは「業界の専門知識が無い」からです。
それと、業界を絞らなくてもお客が寄ってくるし、
言いなりになるから、そんな面倒な区分は設けない。
 
でも、ネットの世界も更に成熟して行くと、
「○○専門」「××業界向け」という
専門的な知識のあるホームページ制作会社が沢山現れると思うよ。
それが、進化だから・・・
 
当社は進化します。
「コンサルタント・士業」を対象として、
「顧客獲得を目的としたホームページ制作会社」として手を上げます。
 
対象者は次の方々です。
 
コンサルタント、中小企業診断士、シンクタンク
 
会計・税理士、行政書士などの士業
 
コーチング、トレーナー、アドバイザー
 
保険代理店、SOHO、スモールビジネス
 
当社の得意の分野の方だけとお取引をさせて頂きます。
そして、正しい判断基準を提示し、真の価値を提供し、
貢献に対する対価を頂きます。