他社は判断基準を提示しない。

SNSで繋がり、情報が溢れ、評判が瞬く間に広がる今、
「全ての決定権は顧客」に移った。
もう企業側の一方的な売込みは通用しない。
 
しかし「会社のホームページ」の制作は、
世間一般に馴染みが薄く、評判などもネットに流れない為、
結果的に「判断基準」を持つことが出来なくて、
正直「業者の言いなり」のケースが多い。
 
昔はそれでも良かったかも知らないが、
成熟したネット社会になった今は許されることではない。
 
やはり正しい判断基準に従って
業者を選定することが健全なスタイルであり、
それが真の競争力になる。
 
だから・・・
私が「判断基準」を提示します。
 
この基準は「私の見解(私見)」とさせて頂き、、
他社批判を目的としている訳ではありませんこと宣言します。
(後ろから刺されたくありませので・・・・)
それでは、3つの事例で意見を述べます。

他社は……..「初期費用は無料」「月額1万円」本当かよ??

他社は…….「デザイン1000種類」「デザイン豊富」だから何なの?

他社は…..「まずは、会いましょう!」これって危なくないか??