スマートフォン対応(画面の大きさが自動的に変更される機能)

MRI(宮坂総研)が提供するホームページは、
「パソコン画面が自動的にタフレットやスマートフォンの大きさに変更される機能」
が標準で付いている。
 
この機能のことを「レスポンシブウェブデザイン」という。
(文末にインターネットフリー百科事典「ウィキペディア」の抜粋を載せてあるので、
 興味のある方は読んで下さい) 

MRI(宮坂総研)は標準として機能されているので、
特別な費用が発生する訳では無い。

しかし、他社を調べてみると概ね「オプション」で「有料」となっている。
 
まあ、他社の事情も分からないではない。
何しろ昔からパソコンをベースにHTML(言語)でテンプレートを作成してきているから、
今更テンプレートを作り直す訳には行かない。
だから、追加費用を請求し、人件費の支出を回収しようとする。
 
当社は後発です。
2015年12月に「ホームページ制作」事業に参入していますから、
当然「スマートフォンでサイトを見る」という「前提」で
ホームページを制作している。

 
むしろ・・・・
「普段はスマートフォンで見て、会社に居る時はパソコン」
という人の方が多いのではないだろうか・・・?
 
特に「検索」に関しては、
個人向けの商品であろうと、法人向けであろうと、子供向けでも、老人向けでも、
何でもかんでも「スマートフォンで探す」という人が大半だと思う。
 
だって、私がそうですから・・・・
 
なお、当社がこの時期に参入したのは
「当社の顧問先のホームページが有効であった」のが最たる理由であり、
安価で、営業効果が高く、尚且つ操作・更新性能が優れているから
世の中に広める価値があると思ったのです。
(更に興味のある方は「参入した理由」を参照下さい。)

さて、性能に関して少し解説します。
まず、この下(↓)の画像は「通常のパソコン」です。
既にこのページに訪問しているから下(↓)の画面には見覚えがあると思う。

そうです。
普通のブラウザーの画面です。
 
皆さんもブラウザーの画面の大きさを変更した経験はあると思いますが、
ブラウザーの境界線にカーソルを合わせて引っ張れば、
任意の大きさに変更することができますよね~ 
パソコンの画面右側にカーソルを合わせて「タブレット」の大きさまで左に引っ張れば、
ホームページの構成が自動的に変更されて、
途中で切れたりすること無く、この下(↓)の画像の様な大きさになります。
 

 
タブレットのサイズに変更された時、
パソコンでは表示されていた事業所案内や問い合わせなどの「メニューのナビゲーションバー」が無くなり、
コンパクトな大きさに変更されています。
 
そして更に、左側に小さくしてスマートフォンのサイズにすると
メニューの配置が自動的に動き、スマートフォンの構成に変更されます。
 
(「レスポンシブウェブデザイン」を採用していなおホームページは、
 右側の表示が消えて無くなってしまいます・・・・)
 

 
「レスポンシブウェブデザイン」の場合は、
パソコンやタブレットで表示されていた画像がスマートフォンサイズに縮小され、
表示する順位も自動的に選択され、
読ませたいコンテンツをメインに表示させてくれています。
 
「レスポンシブウェブデザイン」の機能は、
利用者環境(ディバイス、機械)に合わせて、「配置」及び「大きさ」を自動的に変更してくれますので、
ホームページの管理者は「余計な心配や作業」をすることなく、
販売促進に集中することができます。
 
MRI(宮坂総研)が提供するホームページには、
この「レスポンシブウェブデザイン」が標準で搭載されております。
ですからオプションや追加費用は発生しません。
販売価格の「初期200,000円」「月額管理3,000円」で対応しております。

 
更に「法人設立90日以内の新設法人」は
初期費用が50%オフの100,000円となる「新設法人支援サービス」も適用されます。
 
更に、更に!!
100%返金保証が付いてます。

 
納品したホームページが
 「想定とは違う!」とか
 「出来が良くない!」とか
 「何となく嫌だ・・・・」とか、
 「資本金を使い切った・・・」など
とにかく理由の如何に係わらず、気に入らなければ「100%返金」致します。
 
お手続きは「ここ」に書かれていますので、
是非お申込み下さい。
 


レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD) は、
デスクトップパソコンや携帯電話といった幅広いデバイスのいずれに対しても、
外観や操作方法が最適化された (リサイズ、パンニング、スクロールを最小限にし、
読みやすく、ナビゲーションしやすい) サイトを制作するためのウェブデザインの手法。
(出典:ウィキペディア ja.wikipedia.org)

Locations & Map

  • : 日本神奈川県横浜市港北区