中小零細企業でも「ネットマーケティング」を覚えなくては駄目な時代になった。

ひと昔前まで、中小零細企業のマーケティングというと、
新聞チラシ広告かポスティング、あとはDMが中心だった。

しかし、インターネットが普及し、スマートフォンが生活必需品となった今、
消費者は「ネットで調べて、それから買う」という時代になっている。
このことは本原稿を読んでいる方には納得して頂く事柄だと思う。

では、中小零細企業は「ネットで何をすれば良いのか?」

それは「ネットでマーケティング」しなければならないのです。

前述の通り、消費者の行動に変化があり、ネットに接触している時間が長く、
更に「購買要素(認知・調査・確認・評判・購入)」の大半は、
ネットで行われているという「事実」がある故、
中小零細企業と言えども、例え法人向けの(B2B)のビジネスを展開しているとしても、
「ネットマーケティング」を本格的に考えないと、集客と売上増加に大きな営業がでる。

それ故、ホームページの「目的」を次の様に考えて欲しい。

中小零細企業のホームページの「位置付け」は