目的は「契約する」こと

ホームページの公開は、
「ネットで集客し、最終的には売上を増加する」
することを最終的な目的(Gool)にする。

でも、簡単には売れない。
だって、消費者は賢いし、何よりも「損はしない」と頑な姿勢を貫き、
簡単には騙されないという強い意志を持っている。
(でも、コロッと騙されている人は多いが・・・)

それ故、警戒心を解いてあげることを最優先事項として、
「ああ、ここなら(この人なら)大丈夫、安心できる」
と思ってもらうことが最も大切な行動となります。

そして、後からセールスを展開する方が、
紳士的だし、好意的だし、公正だし、
何よりも効果的(最も結果がでる)です。

だから、ホームページを「縦に構成」して、
余計なことをさせないで最後まで読んでもらい、
そのまま「面談」とか「セミナー申込」とか
「資料請求(小冊子)」「通信教育」などに
申込させることが、最も効果的である。