(4)「契約効果を高める「申込フォーム」と「自動応答とステップメール」の設定

他社を批判するつもりはありませんが、
(結構言っているかも知れません・・・)

標準で「申込フォーム」を設定しているホームページを見たことがありません。
(なぜか?オプションなのですね~)

当社が提供するホームページは
「問い合わせ」と「申込」の2種類を提供します。
 
 
1つ目は「問い合わせ」フォーム。
「名前とメールアドレス」を登録して、
質問や要望などを自由に書いてもらう一般的フォームです。

訪問者は「面倒なことはやりません」
また「個人を得的する情報は提供したくない」
ですから「名前とメールアドレス」という
最低限の項目だけ登録してもらう様にします。
 
 
2つ目は「オートステップメール」と言う機能を搭載した「申込フォーム」です。
これは、予め「1通目」「2通目」「3通目」・・・・
配信する文章と間隔
(3日毎とか、1週間毎とか配信期間を決められる)を設定して、
訪問者との接点を持つことを目的とした機能です。

これは「B2Bの商品や高額商品の販売には絶対的に有効な手段」です。
私が提供するホームページの中でも最上位に位置する機能です。
(技術的には全く難しいものではありませんが、
 マーケティングの位置付けは最上位です)

通常「1通目」はご挨拶です。
でも、この「1通目」に魂を入れて書いて下さい

なぜならば「1通目」が楽しく、有益な内容ならば「2通目」も読む。
そして「2通目」にも魂を入れて書くと「3通目」も読む。

だから「3通目」にも魂を・・・・

「うん?
 いつまで続くのよ?」(あなた)

永遠に続けます(^-^)!
だって、見込み客との接点ですから「手を抜いては駄目です」

(横道にそれますが、私はこのホームページに「魂」を入れて書いてます。
 だって、ここまで読んでくれている人は、私と絆のある人ですから大切にしたい♪)

「小冊子」や「サンプル」「資料」を郵送する場合は、
「名前とメールアドレス」に加え
「住所と電話番号」まで登録させる必要があります。

まあ、基本、一回だけは「何か」を郵送した方が良いと思います。
訪問者に興味を抱かせ、信頼関係を築いて行く方法に関しては
後日はご指導させて頂きます(-.-)

Locations & Map

  • : 日本神奈川県横浜市港北区